好きだから切ない?恋しいから苦しい?… ●恋の苦しさを真相解析●恋愛マニュアルの解説●恋のアドバイスコラム●心理学的恋愛テクニック講座●ストーカー対策●恋のおまじない●恋愛相談●テクニック●恋愛診断・占い…恋の悩み・苦しみを救援します。

恋愛救助隊 > 恋の名言セラピー > 許さなければいつまでも被害者だ

恋の名言セラピー

許さなければいつまでも被害者だ

 元・アイルランドのテロリスト。
今は神職にある男性の言葉。
テレビのインタビュー番組でのやりとりです。

 恋愛とは直接関係ないかもしれません。
でも、あえて掲載します。
テロリストが棲息する「憎しみ」の世界は
「愛」の裏側であり、ときに一部でもありますから。


 アイルランドは、宗教上の問題もあり、
長くイギリスからの独立を求めてきました。
イギリスとの戦いは武力の闘争や弾圧に発展し
多くの一般人も殺されました。

 やがて、ひどい仕打ちを受けた人は
相手を憎み、仕返しをし、仕返しをされた人は
また相手を憎みました。

 まさに「憎しみが憎しみを生む連鎖」の中で
テロリストたちは、生き、殺し、そして死んでいったのです。

 あるテロリストが捕まり、刑務所へつがなれました。
彼は収監中に映画「ベン・ハー」を見て、キリスト教へ改宗します。
これはテロリスト組織からすれば裏切りにあたります。
命がけの改宗でありました。

 そして彼はキリスト教の神職につき、
現在は日本で布教活動をおこなっています。


 さて、彼がもともとテロリストになった原因は「憎しみ」でした。
自分の愛する人を失ったことに対する「復讐」でした。

「復讐」と「憎しみ」に燃える心には
「やすらぎ」や「よろこび」はありません。

そう、彼は言っています。

「復讐」と「憎しみ」に生きるかぎり
一生、「やすらぎ」も「よろこび」も知らずに生きるのです。

 たとえ、傷つけた相手が一方的に悪いとしても
その相手に「憎しみ」を燃やし続けていては
その人の心に「やすらぎ」も「よろこび」もきません。

いつまでもいつまでも、その人は「被害者」のままです。

その人が「被害者」でなくなるのは…

「復讐」を果たしたときではありません。
「憎しみ」を忘れたときだ…。

と元・テロリストは言いました。

 しかしながら、「復讐」を忘れることは難しいことです。
まず、「復讐」の原因となるいやなこと、たとえば
された「仕打ち」などを忘れなければなりません。

思い出せば、またそのたびに心は乱れ
復讐にたかぶるからです。

 忘れるための具体的な方法はなにか?
「そのことを意識的に思い出さないようにするんだ」 
と言っていました。

それでも思い出してしまったときには…?
違うことを思いうかべる。

そういった作業には意図的で継続的な努力が必要です。
時に、「いやなことを思い出す誘惑」に負けそうになることもあります。

「でも、そうしないと、自分はいつまでも被害者のまま
      一度しかない人生、それではもったいない」

 と、彼はいいました。

 たどたどしい日本語でしたが、
とても心に響く言葉でした。

恋愛救助隊にも応援クリック! yajirusi-ani128.gifblogranking_banner_02.gif
※ランキング参加中。お役に立てたならポチッとよろしくjose88b.gif